酵素とは何ですか?

酵素とは、栄養学的に言うと、ミネラルの周囲にタンパク質が巻きついたもので、生物が生きるために必要なものです。

消化、吸収、排泄など身体の働きになくてはならない物質で、現在、発見されている酵素は約4000種類にも及ぶといいます。

酵素で痩せることも出来ます。

酵素は大きく2つに分けることができ、それは消化酵素と代謝酵素です。

食べた物を消化するのが消化酵素で、食べ物の消化や吸収に不可欠な酵素です。

そして、体の代謝を助けるのが代謝酵素です。

生命活動にとても大切な酵素で、細胞の再生や分裂、呼吸、運動、自己治癒力の維持など、病気や健康に深く関わりがあります。

酵素は、ビタミンやミネラルよりも生命を維持する上で大切なもので、食べたものを消化吸収するだけでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりなどあらゆる生命活動に関与しています。

酵素の働きがないと人は生きていくことができないので、まさに、生命活動の源と言っても過言ではありません。

酵素は材料がタンパク質なので、熱に弱い特徴があります。

加熱した食べ物には酵素の働きがないので、普段の食生活では、加熱したものばかり食べるのではなく、酵素の入っている食品を積極的に摂るようにしないといけません。