消化酵素の役割

私たち人間は酵素の力で生命維持しているといっても過言ではありません。酵素も色々あります。例えば体内では唾液に含まれているアミラーゼという酵素が存在しでんぷんを分解します。胃のの中にはプロテアーゼという酵素が存在し、タンパク質を分解します。膵臓にはリパーゼという酵素が存在し、脂肪が分解されます。この3つの酵素は消化酵素と呼ばれ、消化酵素の役割は食べ物を分解消化し、体内に取り入れやすくなるようすることなのです。消化酵素は加齢とともに減少してゆくのでその働きが不十分となり、せっかく取り入れた食べ物から正しく栄養素を取り込むことができなくなり、体調不良になったりするのです。ですから体外から酵素を補給する必要があり、生野菜や果物、発酵食品を積極的に取り入れたり、それでも足りない場合はサプリメントで補うようにすることで生命維持をしていかなければなりません。消化酵素の働きは生命維持の第一歩です。酵素を体外から取り入れて消化を促進することはdietの為だけではないということをご理解いただければと思います。