栄養バランスを考えた食事

加熱した食事だけで生のものがない食生活は健康を損なうことになります。それは食物酵素の力が生かされないのが理由です。

48℃以上になると食物中にある酵素はその効果がなくなります。

そうなると体の外から酵素を補充できなくなり、体内の消化酵素をフル稼働しなければならなくなります。すると、消化酵素を使いすぎて代謝酵素にも影響が出てきます。

そういう意味で生野菜、果物により酵素補充は欠かせなくなってきます。

といって生の野菜ばかりを食べなさいといういわけではありません。理想は生食:加熱食=6:4がベストです。生食の中には生の野菜、果物の他に納豆、みそなどの発酵食品も含まれていると考えて下さい。

野菜、果物の他にも肉、魚といった食材も必要です。生野菜、果物だけでは栄養が偏ってしまうという観点から、やはり肉、魚、加熱食だから補える栄養素というものもあります。

生野菜は毎食、食べるのが望ましいですが、やはり栄養バランスが整っていえることが健康の秘訣だと言えます。

 

ベルタ酵素 断食