栄養素の移り変わり

時代の移り変わりで栄養素も移り変わっている様な気がします。

昭和中期、30年代にはトマト、きゅうりのなどは水ばかりで栄養が無いと言われていた時代があります。

でも今ではがん予防に関係している事がわかってきました。

その後、ビタミンが注目されてきて、さらにカルシウム、水といった具合に、時代に従って移り変わってきています。

そして注目したいのは、生野菜を食べるとからだが冷えるから良くないから、煮たり茹でたりする様にと言われているのです。

私もその言葉を鵜呑みにして、炒めたり、茹でたりしていました。今だにそう考えている人が多いです。

でも、この生野菜には酵素がたっぷり含まれています。その野菜を生で食べずに、わざわざ油傷めにしたり、煮たりする人が多いのも最近の傾向です。

そして生野菜をそのままサラダで出すより、煮たり、傷めたりすると料理をしたという感覚に陥ってしまうのも盲点です。

酵素は野菜にたっぷり含まれていて、でも熱には弱いから、折角野菜を取っても何の役にもなりません。

 

 

優光泉 効果